【脊椎脊髄治療】椎弓形成術で実績のあるクリニックガイド・福岡版 » 椎弓形成術が適用される主な症状 » 後縦靭帯骨化症

公開日: |最終更新日時:

後縦靭帯骨化症

後縦靭帯骨化症における椎弓形成術

社会復帰までの流れ・期間

椎弓形成術は日本で開発された手術法で、後縦靭帯骨化症に対して多く行われています。脊髄が入っている管(脊柱管)を形づくっている椎弓を後ろ側に切り開いて広げ、神経の圧迫を取る手術です。 手術後のリハビリはできる限り早く開始し、早期退院、早期の社会復帰を目指して機能訓練を行ないます。合併症などの問題がなければ、10日~2週間程度で退院できます。

リスク・合併症について

手術によってやむを得ず脊髄や神経根を損傷してしまうことがまれにあります。そうなると、手足の麻痺や知覚異常、排尿排便障害といった合併症を起こすことがあります。また、手術した部分に血のかたまり(血腫)ができることで神経麻痺を起こしたり、感染症や深部静脈血栓を起こしたりすることもあります。

費用

手術する範囲の広さなどによっても費用は変わってきます。一般的な10日~2週間の入院で自己負担が3割だとすると、手術、リハビリ、入院料その他すべて込みで350,000~550,000円程度でしょう*。この金額は保険適応範囲内の試算ですので、個室に入った場合などの自費料金は別途かかります。 ただ、保険適応の医療費には高額療養費制度がありますので、収入に応じて実際に支払う金額の上限が決められています。

*引用元:稲波脊椎・関節病院(https://www.iwai.com/inanami-sekitsui/gairai/shujutsu-hiyo.php)

後縦靭帯骨化症の症状

後縦靭帯骨化症とは、体の硬化や背筋に痛みを生じます。これは脊柱を縦走する後縦靭帯が骨化することで神経根を圧迫するからですが、これらの痛みは後縦靭帯骨化症以外の症状でも見受けられることから、初見にてすぐに後縦靭帯骨化症だと判断することは難しいです。また、神経が圧迫されることで手足のしびれや手指の細かい運動ができなくなるなどの症状がみられます。これにより、違和感に気付く人も多いです。

参照元:難病情報センター(https://www.nanbyou.or.jp/entry/257)

後縦靭帯骨化症の原因

後縦靭帯骨化症の原因は、いくつかの説があるのですが実際には不明です。全身的骨化素因、局所の力学的要因、慢性外傷、椎間板脱出、全身的退行変性や炎症、ホルモン異常、さらにはカルシウム代謝異常、糖尿病、遺伝などいくつか挙げられているのですが、裏を返せば「これだ」という確たる原因が分かっていないことを意味します。ただし、家計調査から効率な多発家系の存在が明らかになっていることから、遺伝的要因が大きいのではとの声が強くなっています。

参照元:難病情報センター(https://www.nanbyou.or.jp/entry/257)

後縦靭帯骨化症の診断

頚椎にみられる後縦靭帯骨化症の場合、X線検査で見つけることができるのですが、胸椎にみられる黄色靭帯骨化症はX線検査で見つけることができないので、CTスキャンやMRIにて精査します。特にMRIは脊髄圧迫まで判断できます。

参照元:日本整形外科学会(https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/opll.html)

後縦靭帯骨化症の治療が受けられる福岡の主な医療機関

すべて2019年度実績を掲載しています。

新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センター

実績引用元:新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センター(http://center.shinkomonji-hp.jp/wp-content/themes/sekizui/pdf/jisseki2001b.pdf)

後縦靭帯骨化症における椎弓形成術の治療特徴

椎弓形成術のほとんどすべてを低侵襲手術で実施しているのが新小文字病院の特徴。より手術の安全性・正確性を高めるために脳神経外科手術で用いる高度な手術用顕微鏡を導入し、万一の予期せぬトラブルにも適切に対応する体制を整えています。

リハビリテーションも充実しており、手術前の状態をしっかり把握した理学療法士、作業療法士がそのまま手術後のリハビリを担当。365日休みなく継続するリハビリで、早期の退院、早期の社会復帰を目指します。

新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センターのクリニックデータ

九州中央病院

実績引用元:九州中央病院公式(http://kyushu-ctr-hsp.com/about/statistical/data/dpcdata/template.html)

後縦靭帯骨化症における椎弓形成術の治療特徴

的確な診断と身体的負担の少ない脊椎外科治療の提供をモットーとする病院。いち早く導入した脊椎内視鏡や顕微鏡を駆使し、後縦靭帯骨化症をはじめとした脊椎疾患に対し、広範囲にわたる手術であっても鮮明な画像で手術の安全性向上に努めています。

福岡市内では症例数の多い病院のひとつで、手術後のリハビリテーションも充実。退院後のリハビリプログラム提供に加え、市中の医療機関とも幅広く連携することで社会復帰した後も適切なフォローアップが受けられます。

九州中央病院のクリニックデータ

福岡和白病院

実績引用元:福岡和白病院公式(https://www.f-wajirohp.jp/indicator/)

後縦靭帯骨化症における椎弓形成術の治療特徴

後縦靭帯骨化症を含む、幅広い年代の脊椎疾患すべてに対応するのが大きな特徴。さまざまな症状を年齢のせいだと諦めている多くの患者さんに適切な治療を提供し、生活の質向上を目指します。

リハビリテーションは実に100人という充実の人員体制を誇り、超急性期から回復期、在宅まで一貫したリハビリを実施。特に脊椎外科では可能な限り早期にリハビリを開始し、基本動作訓練や手足の機能訓練など、退院後の生活にフォーカスをあてたプログラムを行ないます。

福岡和白病院のクリニックデータ

   
2019年手術実績
新小文字病院脊髄脊椎外科治療センター 194件頚椎107件、胸・腰椎87件
九州中央病院 174件脊椎固定術、椎弓切除術含む
福岡和白病院 79件脊椎固定術、椎弓切除術含む
福岡整形外科病院 54件腰椎47件、頚椎7件
福岡市民病院 38件

引用元:
新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センター (http://center.shinkomonji-hp.jp/wp-content/themes/sekizui/pdf/jisseki2001b.pdf)
九州中央病院公式 (http://kyushu-ctr-hsp.com/about/statistical/data/dpcdata/template.html)
福岡和白病院公式 (https://www.f-wajirohp.jp/indicator/)
福岡整形外科病院公式 (https://www.fukuokaseikei.com/disease/ope-table/)
福岡市民病院公式 (http://www.fcho.jp/shiminhp/shinryo/seikeigeka.html)

福岡椎⼸形成術をするなら 実績で選ぶ医療機関 5

詳細をCHECK!!