【脊椎脊髄治療】椎弓形成術で実績のあるクリニックガイド・福岡版 » 脊椎脊髄疾患にみられる症状 » 痛みやしびれを伴う腰痛症

公開日: |更新日:

痛みやしびれを伴う腰痛症

腰痛は男女問わず多くの人が経験する国民病であり、厚生労働省の自覚症状調査でも1位にランクされています。主な原因は、加齢による椎間板や椎間関節の老化と不良姿勢です。その他、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症・すべり症、腰部脊柱管狭窄症などの特別な病気も原因となります。
この記事では、腰痛症で一般的な症状や治療方法などをご紹介していきます。

その他の脊椎脊髄疾患にみられる
症状を見てみる

腰(腰椎)の痛みやしびれの特長

腰椎は、下半身の運動や感覚、排泄に関わる神経の通り道である脊柱管があり、体重を支えながら体の動きを維持する重要な部位です。前述のように腰痛は、腰椎に負担がかかることで発生し、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア、変性すべり症、分離すべり症など、さまざまな疾患が原因となります。これらの疾患により、神経が圧迫されて、腰の痛みだけではなく下肢痛、しびれ、排尿障害などを引き起こします。
また、間欠性跛行(かんけつせいはこう)といって、一定の距離を歩くと、ふくらはぎなどにうずくような痛みやしびれ・疲労感で、歩行が次第に難しくなり、しばらく休むと治まるという症状が出ることもあります。

主な腰痛症の治療法

腰痛の治療方法は主に「保存的加療」「手術療法」の2つです。どの治療方法を選択するのかは、腰痛の原因となる疾患によって異なりますが、多くの場合保存的療法とが選択されます。これは、基本的に手術以外の治療方法の総称です。腰痛を経験した方はわかると思いますが、湿布を貼ったりコルセットを装着したりすることも保存的療法のひとつです。

一方で手術療法を選択する場合は、術後の「リハビリ介入」が非常に重要です。
下記で詳しく説明します。

腰痛症は保存的療法が中心

腰痛症は、腰部の痛みと運動制限、下肢のしびれや麻痺などの状態を指します。急性の場合はぎっくり腰と呼ばれることもあります。治療は、急性と慢性によって異なりますが、基本的には保存的療法が中心となります。具体的には、以下のとおりです。

手術療法を選択する場合はリハビリが重要

症状が重い場合は手術療法を選択します。その場合、術後のリハビリ介入が非常に重要です。
例えば脊髄損傷の患者の場合は起立や歩行の訓練、トイレにて排泄が行えるようになるためのリハビリを行います。
もし手術療法が必要だと診断された場合は、リハビリの環境や実績も考慮して病院を比較するとよいでしょう。部門間での連携がとれているか、早期に介入してくれるか、リハビリのスケジュールが組まれているか、リハビリの実績があるかなど、病院によってリハビリの環境は違います。
術前にリハビリのことまで検討しておくことで、手術に対する不安を軽減することができるでしょう。

福岡で脊柱管狭窄症手術の実績が豊富な
医療機関5選をCheck!

腰痛は放置せずに専門の医療機関に相談を

ご紹介してきたように腰痛は、多くの人が経験している症状です。

それだけに、その都度自己判断で市販薬などを使用している方も多いのではないでしょうか。しかし、その場合には根本的な治療にならないばかりか、悪化する可能性もあります。腰痛がある場合はぜひ、専門の医療機関に相談することをおすすめします。

もちろん、すべての腰痛が完治するわけではありませんが、保存的療法や手術など、治療選択肢が広がり、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)の向上につながる可能性も高くなるでしょう。

その他の脊椎脊髄疾患にみられる
症状を見てみる

椎弓形成術の実績で選んだ
福岡県の医療機関 5選

▼スクロールできます▼

新小文字病院
脊髄脊椎外科
治療センター
九州中央病院 福岡和白病院 福岡整形外科病院 福岡市民病院
新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センターのHPキャプチャ

引用元:新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センター https://www.shinkomonji-hp.jp/

九州中央病院のHPキャプチャ

引用元:九州中央病院 http://kyushu-ctr-hsp.com/

福岡和白病院のHPキャプチャ

引用元:福岡和白病院 https://www.f-wajirohp.jp/

福岡整形外科病院のHPキャプチャ

引用元:福岡整形外科病院 https://www.fukuokaseikei.com/

福岡市民病院のHPキャプチャ

引用元:福岡市 http://www.fcho.jp/shiminhp/

2019年手術実績:194件
(頚椎107件、胸・腰椎87件

実績引用元:新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センター(http://center.shinkomonji-hp.jp/wp-content/themes/sekizui/pdf/jisseki2001b.pdf)

2019年手術実績:174件
(脊椎固定術、椎弓切除術含む)

実績引用元:九州中央病院公式(http://kyushu-ctr-hsp.com/about/statistical/data/dpcdata/template.html)

2019年手術実績:79件
(脊椎固定術、椎弓切除術含む)

実績引用元:福岡和白病院公式(https://www.f-wajirohp.jp/indicator/)

2019年手術実績:54件
(腰椎47件、頚椎7件

実績引用元:福岡整形外科病院公式(https://www.fukuokaseikei.com/disease/ope-table/)

2019年手術実績:38件

実績引用元:福岡市民病院公式(http://www.fcho.jp/shiminhp/shinryo/seikeigeka.html)

※選定条件:公式サイトで椎弓形成術の手術実績を公表しており、低侵襲手術が可能で、リハビリ病棟を開設している福岡県の医療機関をピックアップしました(2020年11月調査時点)。

福岡椎⼸形成術をするなら 実績で選ぶ医療機関 5

詳細をCHECK!!