【脊椎脊髄治療】椎弓形成術で実績のあるクリニックガイド・福岡版 » 椎弓形成術が適用される主な症状 » 頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)

公開日: |最終更新日時:

頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)

頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)の症状や原因、予防方法、治療法について解説します。首や手指に痛みやしびれを感じている方は、参考にしてください。

頚椎症性神経根症の症状

頚椎症性神経根症と診断される方は、首、肩、手指に痛みやしびれ、感覚異常、知覚異常を訴えられるケースが一般的です。首は、とくに後ろの部分に痛みが出て、後ろに反らしたときや重たい荷物を持ったときなどに痛みを感じることがあるでしょう。肩から手指にかけてのしびれや脱力感は、片側に生じることが多いです。たとえば、物に触れていないのに痛みを感じるなど、刺激を正しく知覚できないこともあります。

頚椎症性神経根症が発症する原因

頚椎症性神経根症を発症してしまうのは、頚椎の変性が原因と考えられています。頚椎とは、首を構成している7つの骨のこと。7つの骨の間にあってクッションの役割を果たしている椎間板は、年齢とともに弾力性がなくなったりつぶれたりと、変性してしまいます。頚椎の変性によって脊髄が通る「脊柱管」や神経が通る「椎間孔」が狭くなり、脊髄や神経根が圧迫されると、首、肩、手指に痛みやしびれが生じることがあるのです。

頚椎症性神経根症の予防方法

頚椎症性神経根症を予防するには、日々の生活のなかでの積み重ねが大切です。頚椎に負担をかけないような良い姿勢を心がけることが、予防方法の基本。パソコンで仕事をするときに首が下がっていたり、家事やうがいをするときに首を勢いよく反らしたりしている方は気をつけましょう。頭の重みで頚椎に負担がかかり、神経を圧迫してしまいます。

机や椅子の高さを自分の体に合うものに変えたり、上を向くときにはゆっくり動いたりするとよいでしょう。朝の痛みやしびれが強い方は、枕の高さを見直してみることもオススメです。

頚椎症性神経根症の治療法

頚椎症性神経根症の治療法は、主に「保存療法」と「手術」の2種類あります。

治療方法を検討するために、まずは適切な診断が必要です。レントゲンやMRI、CTなどを活用して骨や神経の状態を検査します。検査結果と患者さんの症状を照らし合わせて、保存療法か手術かを選択するという流れです。

保存療法では、頚椎の負担を減らすような姿勢や動作の指導、鎮痛剤の処方、ブロック注射、頚椎カラーの装着、リハビリなどが行われます。痛みがひどい方、感覚麻痺がある方、日常生活に支障が出ている方、筋力が低下している方に対しては、手術が提案されることが一般的です。

まとめ

首や手指の痛みやしびれによって、日常生活に支障が出てしまうこともあるでしょう。痛みを我慢したり対処法が分からずに放っておいたりすると、症状が悪化してしまうことも考えられます。痛みがひどくなる前に、病院で相談されることをオススメします。

   
2019年手術実績
新小文字病院脊髄脊椎外科治療センター 194件頚椎107件、胸・腰椎87件
九州中央病院 174件脊椎固定術、椎弓切除術含む
福岡和白病院 79件脊椎固定術、椎弓切除術含む
福岡整形外科病院 54件腰椎47件、頚椎7件
福岡市民病院 38件

引用元:
新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センター (http://center.shinkomonji-hp.jp/wp-content/themes/sekizui/pdf/jisseki2001b.pdf)
九州中央病院公式 (http://kyushu-ctr-hsp.com/about/statistical/data/dpcdata/template.html)
福岡和白病院公式 (https://www.f-wajirohp.jp/indicator/)
福岡整形外科病院公式 (https://www.fukuokaseikei.com/disease/ope-table/)
福岡市民病院公式 (http://www.fcho.jp/shiminhp/shinryo/seikeigeka.html)

福岡椎⼸形成術をするなら 実績で選ぶ医療機関 5

詳細をCHECK!!