【脊椎脊髄治療】椎弓形成術で実績のあるクリニックガイド・福岡版 » 椎弓形成術が適用される主な症状 » 脊柱管狭窄症

公開日: |更新日:

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは

福岡で椎弓形成術の実績が
最も多い病院を見てみる

脊柱管狭窄症における椎弓形成術

社会復帰までの流れ・期間

脊柱管狭窄症は、加齢などの原因によって神経の通り道の管が狭くなる病気です。それに対して椎弓を後ろ側に切り開いて広げ、脊柱管の圧迫を取ってあげるのが椎弓形成術です。 現在は身体的負担の少ない低侵襲手術が普及しつつあることに加え、手術後できるだけ早くリハビリテーションを開始することで早期退院、早期の社会復帰が期待できます。合併症などがなく順調にいけば、概ね10日~2週間程度で退院できるでしょう。

リスク・合併症について

可能性は極めて低いと考えられますが、手術によってやむを得ず脊髄や神経根を傷つけてしまうことがあります。その場合は下肢の運動障害や排尿排便障害をきたすかもしれません。 また、リスクや合併症というわけではありませんが、脊柱管狭窄症は加齢とともに進行するため、手術をしてもいずれまた同じ症状が出現する可能性があります。

費用

手術を行なう椎間の数によっても費用は変わります。仮に1~2カ所の椎弓形成術で10日~2週間程度の入院だとすると、自己負担は3割で350,000円~550,000円程度*だと思われます。このほか、患者さん個人の希望で個室に入院した場合などは、別途自費料金がかかります。 保険適応の医療費には高額療養費制度がありますので、実際に支払う金額には収入に応じて上限が設定されます。

引用元:稲波脊椎・関節病院(https://www.iwai.com/inanami-sekitsui/gairai/shujutsu-hiyo.php)

福岡で椎弓形成術の実績が
最も多い病院を見てみる

福岡で脊柱管狭窄症で治療実績が多い医院3選

新小文字病院 九州中央病院 医療法人志恩病院
・年間実績*
447件
・脊柱管狭窄症の治療実績**
手術あり274件、手術なし173件
・年間実績*
370件
・脊柱管狭窄症の治療実績**
手術あり102件、手術なし88件
・年間実績*
139件
・脊柱管狭窄症の治療実績**
手術あり94件、手術なし17件

公式HPで
医院詳細を見る

公式HPで
医院詳細を見る

公式HPで
医院詳細を見る

【選定条件】2023年11月13日時点で「椎弓固定術 福岡」で検索した際に公式サイトが出てきた所在が福岡の36医院のうち、2021年4月〜2022年3月の脊柱管狭窄症の治療実績数が多い順に3院を選出
* 年間実績は2022年度のものです
** 脊柱管狭窄症の治療実績は2021年4月〜2022年3月の退院患者の統計です。

脊柱管狭窄症で治療実績が多い福岡の主な医療機関

2021年4月〜2022年3月に退院した患者の実績数が多い順に掲載しています。

福岡青洲会病院

*実績引用元:福岡青洲会病院(https://f.seisyukai.jp/shinryoukamoku/kamoku-sekitsui/)

**実績引用元:caloo(https://caloo.jp/dpc/disease/845/40)

脊柱管狭窄症における椎弓形成術の治療特徴

原則保存療法を行い、痛みが改善しない場合に内視鏡下手術などの専門的治療を検討します。

手術治療においては、内視鏡を利用した椎弓切除術(MEL)が基本方針とされていますが、状況に応じて従来の方法で行うこともあります。非侵襲的から侵襲的へと段階的に進み、個々の症状に応じたアプローチが特徴です。

福岡青洲会病院のクリニックデータ

佐田病院

*実績引用元:佐田病院(https://www.sada.or.jp/section/seikei/)

**実績引用元:caloo(https://caloo.jp/dpc/disease/845/40)

脊柱管狭窄症における椎弓形成術の治療特徴

福岡市内民間病院としては、佐田病院が初めての脊椎脊髄外科専門医基幹研修施設となっています。認定されるには、脊椎脊髄手術が3年間連続して 100 例/年以上であること・教育研修指導医である日本脊椎脊髄外科指導医が常勤していること、などの条件が必要で、同院ではそれを満たしています。また、術後の不安定性の原因となる脊椎後方支持組織の椎間関節を、顕微鏡手術よって極力温存する低侵襲手術を取り入れたり手術中に「神経機能モニタリング検査」を実施したりしているのが特徴です。

佐田病院のクリニックデータ

福岡輝栄会病院

**実績引用元:caloo(https://caloo.jp/dpc/disease/845/40)

脊柱管狭窄症における椎弓形成術の治療特徴

脳神経とあわせて脊椎の治療にも力を入れている病院なので、頸椎・胸椎・腰椎に関連する椎弓術の症例は毎年コンスタントにあります。 2020年を含め過去6年間の椎弓術の合計症例数は49件。ほかにも、頸椎前方固定術が3件、腰椎椎間板ヘルニア切除が5件、脊椎・脊髄の腫瘍治療が2件と、椎弓術以外の脊椎関連手術にも対応しています。

福岡輝栄会病院のクリニックデータ

福岡みらい病院

*実績引用元:福岡みらい病院(https://www.fukuoka-mirai.jp/hospital/performance/)

**実績引用元:caloo(https://caloo.jp/dpc/disease/845/40)

脊柱管狭窄症における椎弓形成術の治療特徴

福岡みらい病院では、脊椎脊髄病センターを開設していて、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医が2名在籍しています。また、「Leika M720 OH5手術用顕微鏡」「METRx-MD system」といった医療機器を導入して低侵襲の手術を実現しています。これにより、繊細さが必要とされる、脊髄、神経への操作が可能になりました。

福岡みらい病院のクリニックデータ

福岡大学

*実績引用元:福岡大学(https://www.med.fukuoka-u.ac.jp/neurosur/patient_result.html)

**実績引用元:caloo(https://caloo.jp/dpc/disease/845/40)

脊柱管狭窄症における椎弓形成術の治療特徴

整形外科には、「日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医」や「日本整形外科学会認定整形外科専門医」といった専門医が複数在籍。専門的知識と経験に基づいた綿密な治療を提供しています。また手術を受ける患者のために「周術期管理センター」を設置。術前チェック、術前ガイダンスなどをしっかり行うことで、手術治療の安全性アップや効率化を図っています。

*九州医療センター(http://www.kyumed.jp/guide/clinical/seikei.html?mode=jiseki)

福岡大学クリニックデータ

福岡整形外科病院

*実績引用元:福岡整形外科病院(https://www.fukuokaseikei.com/disease/ope-table/#2022)

**実績引用元:caloo(https://caloo.jp/dpc/disease/845/40)

脊柱管狭窄症における椎弓形成術の治療特徴

1977年から整形外科の専門医療を続けてきた有名な病院であり、専門的な治療を受けることができます。地域医療機関との連携を重視した医療体制も特徴です。
また福岡整形外科病院の院長は、日本脊椎脊髄病学会指導医であり、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医でもあります。その他の在籍医師にも、脊椎脊髄の専門医や指導医が複数在籍しています。

*福岡整形外科病院(https://www.fukuokaseikei.com/)

福岡整形外科病院のクリニックデータ

福岡脳神経外科病院

*実績引用元:福岡脳神経外科病院(https://www.fukuokanh.jp/hospital/career/)

**実績引用元:caloo(https://caloo.jp/dpc/disease/845/40)

脊柱管狭窄症における椎弓形成術の治療特徴

福岡脳神経外科病院は「理想の医療を追求したい」という想いから生まれた専門病院。血管内治療、脊髄外科手術、脳腫瘍の手術件数が多く、2020年度の手術総数は1125件です。同院には、血管内手術の経験のあるベテラン医師が多数在籍。数多くの専門医が在籍している点は特長といえるでしょう。

*福岡脳神経外科病院(https://www.fukuokanh.jp/)

福岡脳神経外科病院のクリニックデータ

福岡総合病院

*実績引用元:福岡総合病院(https://www.saiseikai-hp.chuo.fukuoka.jp/department/10_jisseki/index.html)

**実績引用元:caloo(https://caloo.jp/dpc/disease/845/40)

脊柱管狭窄症における椎弓形成術の治療特徴

厚生労働省指定臨床研修病院にも認定されており、現在7名の医師が、関節や四肢の骨、脊椎などの疾患や外傷の診療・治療を行っています。(2023年5月時点)小児から高齢者まで幅広い年齢の方を対象に頸椎や胸腰椎といった体幹はもちろん手足の指先まで多くの部位の疾患に対応しているのが特徴です。とりわけ下肢関節外科と骨折外傷に注力しています。

福岡総合病院のクリニックデータ

西尾病院

*実績引用元:西尾病院(https://ichiju-kai.jp/jisseki/r4/)

**実績引用元:caloo(https://caloo.jp/dpc/disease/845/40)

脊柱管狭窄症における椎弓形成術の治療特徴

西尾病院のリハビリテーション科では、運動療法や物理療法を用いて身体機能の改善を促しています。病院内には、「カラダ」だけでなく「ココロ」もケアできるリハビリ施設が充実しています。リラックスしたカフェのような空間で、理学療法士が運動機能や動作能力に専門的にアプローチして、運動機能の回復をサポートしています。

西尾病院のクリニックデータ

製鉄記念八幡病院

*実績引用元:製鉄記念八幡病院(https://www.ns.yawata-mhp.or.jp/department/orthopedics/)

**実績引用元:caloo(https://caloo.jp/dpc/disease/845/40)

脊柱管狭窄症における椎弓形成術の治療特徴

2016年4月からは7人の医師が在籍し、各医師の専門性を生かした診療を行っています。脊椎手術としては頸椎疾患では、頸椎椎弓形成術、胸腰椎疾患では脊椎椎体後方除圧固定術などが当科の得意とする手術であり、2014年10月より確実な脊椎手術を行うために360度X線透視可能な手術台を導入し、より低侵襲で正確な経皮的椎体後方固定術も可能となりました。

引用元:*製鉄記念八幡病院(https://www.ns.yawata-mhp.or.jp/department/orthopedics/)

製鉄記念八幡病院のクリニックデータ

福岡で椎弓形成術の実績が
最も多い病院を見てみる

椎弓形成術の実績で選んだ
福岡県の医療機関 5選

▼スクロールできます▼

新小文字病院
脊髄脊椎外科
治療センター
九州中央病院 福岡和白病院 福岡整形外科病院 福岡市民病院
新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センターのHPキャプチャ

引用元:新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センター https://www.shinkomonji-hp.jp/

九州中央病院のHPキャプチャ

引用元:九州中央病院 http://kyushu-ctr-hsp.com/

福岡和白病院のHPキャプチャ

引用元:福岡和白病院 https://www.f-wajirohp.jp/

福岡整形外科病院のHPキャプチャ

引用元:福岡整形外科病院 https://www.fukuokaseikei.com/

福岡市民病院のHPキャプチャ

引用元:福岡市 http://www.fcho.jp/shiminhp/

2019年手術実績:194件
(頚椎107件、胸・腰椎87件

実績引用元:新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センター(http://center.shinkomonji-hp.jp/wp-content/themes/sekizui/pdf/jisseki2001b.pdf)

2019年手術実績:174件
(脊椎固定術、椎弓切除術含む)

実績引用元:九州中央病院公式(http://kyushu-ctr-hsp.com/about/statistical/data/dpcdata/template.html)

2019年手術実績:79件
(脊椎固定術、椎弓切除術含む)

実績引用元:福岡和白病院公式(https://www.f-wajirohp.jp/indicator/)

2019年手術実績:54件
(腰椎47件、頚椎7件

実績引用元:福岡整形外科病院公式(https://www.fukuokaseikei.com/disease/ope-table/)

2019年手術実績:38件

実績引用元:福岡市民病院公式(http://www.fcho.jp/shiminhp/shinryo/seikeigeka.html)

※選定条件:公式サイトで椎弓形成術の手術実績を公表しており、低侵襲手術が可能で、リハビリ病棟を開設している福岡県の医療機関をピックアップしました(2020年11月調査時点)。

福岡椎⼸形成術をするなら 実績で選ぶ医療機関 5

詳細をCHECK!!